伝統の継承者

技と心を受け継ぎ新たな歴史を刻む

総料理長 塚尾秀樹

大正時代創業のお座敷天ぷらの名店にて、代々受け継がれてきた技と、職人としての心を継承。惜しまれつつ暖簾をおろした同店舗だが、それまでに多くのお客様に愛された味までも無くしてはならいと天丼琥珀を立ち上げ、その伝統を受け継ぐ。「信念は変わらずとも技は進歩すべし」と言う初代からの教えのもと、伝統を守りながらも独自の試みとして、より多くのお客様に気軽に召し上がって頂けるよう、その味を一杯の丼ぶりに集約。天丼専門店として新たな歴史の幕をあけた。